被害者請求

交通事故の被害に遭い、後遺症になってしまった際には弁護士に相談するべきです。まず、後遺障害の申請には、加害者が加入している保険会社が主となる「事前認定」と被害者が自ら行う「被害者請求」とがあります。

被害者請求通常、「被害者請求」が有利であることはわかりますが、ここで提出しなければならない書類が山のようにありますし、病院でのレントゲンやMRIなどの画像診断の資料などをDVDなどにコピーして提出しなければならず、このコピー代も病院価格なので少し高くついてしまいます。ただし、弁護士に依頼した場合でも必ずしも被害者請求するかどうかを検討することがあるようです。後遺障害の程度により、申請方法も微妙にかわることもありますので、弁護士とは密に話し合い方向性を探ることをおすすめします

しかし、後遺症でも軽めの場合には、後遺障害とは認められないケースもありますので、弁護士に相談すると同時に担当医などにも障害について確認することが必要です。

この場合には、追加検査を行う場合もありますし、担当医から症状についての意見書などを準備してもらう必要があります

いま説明しただけでも、事前に準備しておく書類なども多いので、被害者個人では困難だと考えられています。