弁護士介入が鍵

診断書交通事故での後遺障害では、多くの書類を準備して、後遺障害認定に申請をしなければいけません。

ここで被害者側も後遺障害の程度がまだはっきりとしていないなど判断することが難しければ、こちらが優位に立てるような判断基準を揃える必要があります。弁護士に依頼する最大のメリットが、これらの提出書類を万全に整えてくれることでしょう。

適正な検査結果を提出しなければ、自分の症状にあった等級を認定してもらうことが出来かねますので、病院でも担当医にしっかりと診断書を記入してもらいましょう。記載内容には、自分のいまの現状として、どのような痛みが生じているか、なにが問題で職場に復帰することができないかなども伝えて、記入してもらうといいです。

後遺症診断書を記入してもらっても、記載内容に不備があれば、弁護士から病院に対して、追加検査を依頼することも可能です。その際には、検査内容も指示することができます。

このように書類の不備がある場合など、弁護士を介して修正依頼や追加作成などを頼むことができますが、これを個人で行うことはとても困難です。これらのことも踏まえて、交通事故の後遺障害などに関しては、弁護士に相談して介入してもらうことが望ましいと考えます。

被害者請求

交通事故の被害に遭い、後遺症になってしまった際には弁護士に相談するべきです。まず、後遺障害の申請には、加害者が加入している保険会社が主となる「事前認定」と被害者が自ら行う「被害者請求」とがあります。

被害者請求通常、「被害者請求」が有利であることはわかりますが、ここで提出しなければならない書類が山のようにありますし、病院でのレントゲンやMRIなどの画像診断の資料などをDVDなどにコピーして提出しなければならず、このコピー代も病院価格なので少し高くついてしまいます。ただし、弁護士に依頼した場合でも必ずしも被害者請求するかどうかを検討することがあるようです。後遺障害の程度により、申請方法も微妙にかわることもありますので、弁護士とは密に話し合い方向性を探ることをおすすめします

しかし、後遺症でも軽めの場合には、後遺障害とは認められないケースもありますので、弁護士に相談すると同時に担当医などにも障害について確認することが必要です。

この場合には、追加検査を行う場合もありますし、担当医から症状についての意見書などを準備してもらう必要があります

いま説明しただけでも、事前に準備しておく書類なども多いので、被害者個人では困難だと考えられています。

後遺障害を弁護士に聞く

交通事故により重度の後遺障害が残ることは割と多いと思います。受けた傷が完治することなく、その症状が続いた場合には後遺症が残ってしまったことになります。後遺障害になることで、この先の治療費は膨れ上げり、生活の基盤も崩れてしまうことで大きな損害が生じることになります。

後遺障害後遺障害では、その損害額も多額になることも多いので、弁護士に依頼するべきであると考えられています。後遺障害での損害賠償には以下のようなものがあります。「後遺症逸失利益」「将来介護費」「家屋、自動車などのリフォーム費」「将来雑費」そして「後遺症慰謝料」です。

「後遺症逸失利益」は後遺症により労働能力が低下することでこの先、収入の道が途絶えたり、減少する損害を指します。

「将来介護費」は、将来におおいて介護を必要になることです。植物状態をはじめとした、高次脳機能障害や脊髄損傷では介護になるケースがほとんどです。この場合には家族などが介護をする場合が多いのですが、1日に8000円を基準として考えられていて、この金額が基準となり算定されると言われています。

「家屋、自動車などのリフォーム費」は、後遺障害では日常生活に困難が生じることばかりです。車に乗るにも車いすごと搭載できるように改造すること、家の中に段差をなくしたり、風呂場にも入りやすいようにリフォームすることを指しています。

「将来雑費」とは、将来的に植物状態になる可能性が高い後遺障害では、さまざまな雑費がかかると考えられています。